MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > Goalに集中してもらう

Goalに集中してもらう

by 山浦 仁 / 2016.02.25

  1. Web制作

あなたは、何かやっていたら無意識のうちに別の事を始めてしまって、最初にやっていたことがおろそかになるという経験ありませんか?


私は本当によくあるんです。


私はよく妻から「全然人の話を聞いていないでしょ」と怒られるのですが、先日も、新卒採用に関する勉強会に参加した時、話を聞いていたら、ふと、自社の採用サイトをもっとこうしようとか、アイデアが浮かんできて、ハッと我に返るまで、講師の話を聞き逃してしまいました。



■こんな経験は私だけじゃないと思います。


人は気が散りやすい!


だから、相手に何かに集中してもらうのも結構難しい。


集中してもらうためには、相手を上手く巻き込む必要があります。


その時に、気が散る原因となるような余計なものは、極力排除しなければなりません。



■Webサイトの中で、ユーザーに最も注意力を働かせて欲しい箇所はお問合せフォームやショッピングカートです。


他のことに気を散らさずに、まっすぐゴールにたどり着いて欲しい!


そのためには、できるだけ入力項目を減らしてあげるとか、入力しやすくするとか、やるべきことはいろいろとありますが、とにかく大事なことは、

お問合せフォームやショッピングカードでは、余計なものを排除する

ということです。



■お問合せフォームやショッピングカードで不要なもの、入れるべきでないものは、他のページへのリンクです。


特に、共通ヘッダやサイドバーのリンクやナビゲーションなどです。


ひどいサイトだと、既にお問合せフォームにいるのに、全ページ共通に入っているお問合せのボタンがあったりします。


試しに、アマゾンのショッピングカートを見てみてください。


何も買わなくて良いので、何か商品をショッピングカートに入れて進んでみてください。


購入のために必要なフォーム以外、何も表示されません。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する