MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > 当たり前すぎて忘れがちなこと

当たり前すぎて忘れがちなこと

by 山浦 仁 / 2016.02.13

  1. Web制作

本来、とてもニーズが高いにも関わらず、Webサイトから抜けがちなコンテンツに“アフターサービス”があります。



そもそもアフターサービスをやっていない会社もありますけど、(業種的に仕方が無い場合もある)きちんと仕事をしている会社は、多くの会社がアフターフォローやってます。


例えば、当社では、納品後でも我々のミスに基づく不具合等は無償で対応しています。


でも、それって当たり前じゃないですか?


サービス提供当事者からすると、当たり前すぎて、Webサイトに載せた方が良いなんて夢にも思わないわけです。


でも、お客さんからするととても気になるんですね。



■私も、自社のWebサイトにアフターフォローのページが無いことに気がづくまで少し時間がかかりました。


気づいて作ったページがこれなんですが、気づいたきっかけは、競合他社分析です。

競合他社にあって、自社にないコンテンツを調べていたら、アフターフォローのページが無かったのです。



あっ、しまった!と思い、自分のお客さんのサイトはどうなっているだろうと再確認したらやっぱりお客さんのサイトにも載ってませんでした。



■もしあなたが、このぐらいのアフターフォローなんて当たり前、

書かなければならない事自体が不思議と思っていても、

お客さんは

“書いていない=そのサービスは無い”と思ってしまいます。


あなたが当たり前にやっているアフターフォロー、Webサイトにちゃんと掲載されていますか?

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する