MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > リニューアルして不便にならないために

リニューアルして不便にならないために

by 山浦 仁 / 2016.06.13

  1. Webマーケティング

私は本屋に行くのが好きです。
打合せの帰りなどに、ちょっとでも時間があると本屋に足が向いてしまいます。
最近、スケジュールが詰まり気味でなかなか本屋に行けなかったのですが久しぶりに行きつけの本屋に行き、いつもの習慣でほとんど何も考えず、ビジネス書のコーナーに行ったら何だか雰囲気が違う!
経営とマーケティングのコーナーがいつもの場所に無いのです。
こんな時にかぎって、店員も見当たりません。
ビジネス書コーナーはどこに移動したのでしょう?

結構探しちゃいました。
結局、ビジネス書コーナーには辿り着けたのですが、次の予定の時間も迫ってきてしまい、何も買わず、出てきてしまいました。

■こういうことは、Webサイトのリニューアルでも起こることがあります。
「今まで使い慣れていたサイト、いつもクリックするボタンがいつもの場所に無い!」
「いつも最新情報をチェックしているページがどこからたどり着けるのか分からなった!」
こんなことが起こりえます。

■ページ数が少なくてシンプルな構成のサイトや、リピーターがあまり無い重要ではないサイトならば、あまり気にする必要はないですが、ページ数の多いサイト、リピーターの多いサイト会員サイトなどは、注意しなければなりません。
リアルの本屋などの場合は、お客さんも“わざわざ足を運んだ”という意識もあり、頑張って探してくれますが、Webサイトの場合は、“分からない”=“離脱”になりがちです。

■これを防ぐには、リニューアルにあたってユーザーがクリックしている箇所をきちんと把握しておくことです。
Googleアナリティクスでは各ページの各ボタンのクリック率が見られます※

※左メニューから「行動」>「ページ解析」とクリックする。
 「ページ解析の読み込み中に問題発生」というアラートが出やすいですが、アラート内にある「新規ウィンドウを表示」をクリックすると見られる。

トップページやアクセス数の多いページぐらいは見ておきましょう。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する