MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > サイトは1つが良い?それとも2つ持った方が良い?

サイトは1つが良い?それとも2つ持った方が良い?

by 山浦 仁 / 2016.11.15

  1. SEO

質問競合他社のサイトを調べていたら、下記の3パターンのウェブ戦略が見られました。

A社
コーポレートサイトでセールスサイトを兼ねて1サイトでマーケティングしている。

B社
コーポレートサイトと別にセールスサイトを作成し、セールスサイトでマーケティングしている。

C社
コーポレートサイトと別にメディアサイトを持っている。
メディアサイトで集客をしているようだがメディアサイトは自社のセールスに特化せず、他社も紹介するような公平なサイト構造になっている。

集客を目的としてSEOを考えた場合、1サイト1テーマが基本だと思うので、B社のやり方が合理的だと思うのですが、集客を優先する場合にどれが有効でしょうか。

C社のやり方には少し驚いていて、コンバージョンに繋がるのか気になりました。
メディアサイトはセールスサイトよりよく読まれると思いますので、セールスサイトより集客力があるのか気になります。

整理すると、ご質問は以下の2つですね。

【Q1】
SEO及び集客の観点で見た時、A・B・Cのどのパターンが一番良いのか

【Q2】
メディアサイトの立ち上げは有効なのかどうか

それぞれについて下記に回答します。

*   *   *

【Q1について】

もしその会社のコンテンツテーマが1つに集約されるなら、Aパターンが一番良いです。

理由は、限られたパワー、リソースを1つのサイトに注げるからです。

会社名は特別対策をしなくても、大抵はtitleタグに社名を入れる程度で上位表示可能なので、SEO上、別テーマとして考える必要はありません。

世の中のほとんどの中小企業は、Aパターンで十分な場合が多いです。

Bパターンになる場合というのは、2つ目の事業の柱として、これまでとは全く違うテーマの商材を扱うようになった場合です。

例えば、当社のようなWeb制作会社が、別ブランドを立ててデジタルハリウッドのようなスクールビジネスをやったとします。そうしたら、別途サイトが必要になります。

それが、例えばSEO対策やWebコンサルティングのような顧客ターゲットも同じでWeb制作の範疇と言っても良いテーマであれば、同一サイトで作ります。

もちろん、この場合も特設サイトを別ドメインで立ち上げて展開するのもアリですが、そちらのサイトもSEOで上位表示しようとするのであれば、2つのサイトの作り込みや更新をかなり真剣に行う必要があるので、それなりの覚悟が必要です。

もし特設サイトにしたいなら、私なら同一ドメインの中に作ります。

【Q2について】

メディアサイトを別に持つパターンは、そのメディアサイト単独で何らかの収益(広告やアフィリエイトなど)を上げるような場合ではないでしょうか。

メインサイトとターゲットも目的も同じであれば、メディアサイトを立ち上げるよりは、メインサイトの中で、コラムやブログといった形で展開する方が、限られたリソースを集中投下できて良いと思います。

ご質問ありがとうございました。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する