MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > コンテンツ・マーケティングとコンテンツSEOの違いとは?

コンテンツ・マーケティングとコンテンツSEOの違いとは?

by 山浦 仁 / 2016.08.06

  1. SEO

最近、コンテンツ・マーケティングという言葉をよく聞きますが、分かるようで分かりません。
コンテンツSEOという言葉もありますが、何が違うのですか?

企業がお客さんと出会って、ロイヤルカスタマーになるまでに、一般的には次のような段階を経ると言われています。


 リード獲得(見込み客獲得)
  ↓
 リード育成
  ↓ 
 成 約 
  ↓
 リピート
  ↓
 ロイヤルカスタマー


一連の流れを、お客さんが役立つコンテンツ提供を通じて、お客さんに自然にロイヤルカスタマーまで登ってきてもらうのが、コンテンツ・マーケティングです。


■決して、新しいネットマーケティングの手法ではなく、昔から、ダイレクトメールやニュースレターなどを使って行われてきた方法です。


例えば、あの有名なミシュランガイドも100年前に、自動車旅行に役立つガイドブックとして、無料配布されたというのは有名な話です。
(旅行して、タイヤを使ったら、タイヤを買ってくれるということでしょうか)


これがネットによって、とてもやりやすく安価に実現できるようになりました。

データベースやメルマガの仕組みを使えば顧客台帳と印刷のダイレクトメールより安価に簡単にいできめ細かくできそうだというのは容易に想像がつくと思います。

SNSなどを使えば、情報も拡散されやすい。


■それに最近は、商品を買う時に、お客さんはネットで情報を集めます。

お客さんが企業に問い合わせをする段階では、お客さんの方ですでに下調べは終わっていることが多い。

勝手にユーザーが自ら検索して、見つけてきてくれます。

つまり、お客さんが知りたいコンテンツを先回りしてネットに公開しておいて、お客さんが検索エンジンを使って、見つけやすいようにしておく必要があります。

コンテンツ・マーケティングの一連の流れの中で、この部分のことを「コンテンツSEO」と言います。


■だから、コンテンツSEOにおいて、ユーザーの意図がとても大事です。

闇雲にいろんなキーワードで検索上位に出せば良いということではなく

ユーザーのニーズを先回りするようなイメージで、行っていくことが大切です。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する