MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)
06-7732-3334(大阪営業所) 06-7732-3334(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > 秘密保持ということ

秘密保持ということ

by 山浦 仁 / 2013.04.23

  1. 仕事術
  2. その他

秘密保持を守るということ先日、電車に乗っていたら、スーツを着た20代の若い営業マンらしき2人が、自分の会社の上層部の方針や会社の仕組みについて、痛烈な批判をしていました。どうやら話を聞いていると、某大手のシステム会社の社員のようでした。
話は、その会社のことだけでなく、クライアント担当者の話にも至りました。
そのシステム会社は私の中ではしっかりした会社というイメージがあったので、どこまでその2人の話が事実なのか分からないけれども、少なくとも私の中のその会社へのイメージが悪くなったことは、間違いありません。

電車に乗っている時や食事をしている時に仕事の話をすることは多いと思います。その時に、会社のこと、ましてやクライアントや仕事の中身については、発言をしないようにしなければなりません。

どうしても話をしなければならない時は、匿名で話すなど、推測できないようにしなければなりません。
世の中は狭いです。

たまたま隣にいた人が、プロジェクトの関係者かもしれません。
最悪の場合は、秘密保持契約に抵触して、契約を打ち切られるということもあります。就業規則違反で、懲戒解雇の対象にもなります。
秘密事項というのは、誰でも聞いてみたいものです。聞いている時は興味津々で話を聞いているかもしれませんが、同時に心のどこかで発言者を軽蔑するものです。

つまり言っている本人の品位も落ちてしまうことにつながります。
プロとして秘密保持は徹底しましょう。

自戒を込めて。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-7732-3334(大阪営業所) 06-7732-3334(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~17:00

今すぐ相談する