MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)
06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > Google検索のAI「BERT」と「RankBrain」の違いとは?

Google検索のAI「BERT」と「RankBrain」の違いとは?

by 山浦 仁 / 2019.11.12

  1. SEO
  2. マネジメント
Google検索のAI「BERT」と「RankBrain」の違いとは?

少し前になってしまうのですが、10/26(土)の日経新聞の朝刊11面に「グーグル検索、文意も理解」というタイトルの記事がありました。
それがこちらです。

内容は、米Googleが、検索サービスに文章の意味を理解する人工知能(AI)技術を取り入れると発表したというものです。
SEOのことをある程度ご存知の方は、「Googleは随分前からRankBrainというAIを使っているじゃない!?」って思いますよね。

RankBrainとこの記事にあるBERTで、その内容や役割の違いがいまいちよくわからなかったので調べてみました。
(もし私の理解が間違っていたらご指摘ください)

■RankBrainは2015年ぐらいからハミングバードというGoogleの検索アルゴリズムに組み込まれているAIで、要するにキーワードの意味を理解するAIです。
このAIがあるおかげで、検索窓に入れられたキーワードと全く同じ語句がコンテンツ文中になくても、同じ意味のキーワードが含まれているコンテンツがきちんと引っかかるようになっています。

例えば、「ホームページ制作会社」と検索したとき、昔は文中やタイトルに「ホームページ制作会社」とキーワードが入っていなければ上位表示されなかったのが、「Web制作会社」というキーワードしか使っていないページもきちんと引っかかるようになっています。これは、「ホームページ制作」と「Web制作」は意味が同じだと理解しているからです。

■ではBERTは何をやるのでしょう。「BERT」は「Bidirectional Encoder Representations from Transformers」の略で、昨年、Googleが発表した自然言語処理技術です。
調べてみたら、BERTはこの自然言語処理の分野にとって、かなり大きな技術的ブレークスルーだったようです。
が、どうスゴイのかは、いくつか参考情報を読んだのですが、私にはよく理解できませんでした。

日経新聞の記事にあるように「インターネット上にある大量のデータを用いてAIが自然言語を効率的に学習できる技術」のようです。
結局、BERTという自然言語処理を使った検索と従来の検索がどう違うのか、冒頭の日経の記事に分かりやすく紹介されています。

グーグルはAIスピーカーなどに音声認識AIを採用しているが、人の声からAIをで単語を抽出し、キーワード検索していた。新しい検索では、例えば「薬局で誰かのために薬を取って来ることができるか」と入力すると、文章の内容から、友人や家族が患者の代わりに処方箋が必要な薬を受け取れるかどうかを説明するページを最上位に表示するという。キーワード検索では、処方の受け方を紹介するページを表示していた。
(引用元)10/26(土)日経新聞朝刊11面記事「グーグル検索、文意も理解」


要するに、キーワード検索ではなく文章で検索(質問)しても、より検索ユーザーの検索意図に近い検索結果を返してくれるように進化していくということです。まだまだ改良が必要とのことですが、あっという間に精度が高くなっていくのでしょう。

今、音声検索をする人がどんどん増えているので、これは当然の進化なのかもしれません。私などはキーワード検索が身に染み付いてしまっているので、音声検索をほとんど使いませんが、キーボード入力に慣れていない妻や子供達を見ていると、よくスマホやタブレットに話しかけて音声検索を使っています。

アクセス解析の検索クエリを見ていても、キーワードではなく文章型のクエリが増えてきているなと感じます。

Webサイトの運用者としては、テクニカルなSEO対策以前に、根本的にユーザーの検索意図に対していかに役立つコンテンツを用意できるかがますます大事になっていく、逆に検索意図に沿っていないコンテンツは、いくらテクニカルなSEOを対策をしても上位表示できなくなっていくということです。

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~17:00

今すぐ相談する