MENU

ホームページ制作・Web制作会社のウェブラボ[東京新宿]

TEL
0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)
0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

お問い合わせ


ウェブラボ代表の山浦が、Web担当者・経営者・起業家に向けて配信するコラム

Webを集客に活用したい人のためのWebサイト・マネジメント術

最新のトピックや実務家ならではの身近なちょっとした疑問に回答しています。

Web制作・ホームページ制作 HOME > 代表コラム > 売上が落ち込んだ時

売上が落ち込んだ時

by 山浦 仁 / 2016.02.15

  1. マネジメント

質問山浦さんは売上が落ち込んだ時はありますか?

そんな時、どう対処しましたか?

私も売上が落ち込んだ時はあります。

創業4年目に大きく落ち込んだことがあり、その後も、小さな波は何度かあります。

売上が落ち込んだ時の対処法は、その原因が、構造的なものなのか時期的なものなのかで変わってくると思っています。

■私が創業4年目にぶつかった壁は構造的な原因でした。

売上比率の高かった大手2社から取引を中止されたのですが、私は、それまで取引会社数が少ないことに不安感を持って経営していました。

大手2~3社からの取引が会社の売上の大部分を占めていたのです。

しかも、体系的な集客の仕組みを持っておらず、人脈や紹介、リピートに依存していました。

だから、いつこういう日が来てもおかしくないと思いながら、でも目の前の仕事が忙しくて対応を後回しにしていました。

でも実際に起こると、尻に火がつきます。

集客の仕組みをきちんと作ろうと意識するきっかけになりました。

■その後、立ち直った後も、やはり多少の波はあります。

でもそれらは構造的な原因による落ち込みではなく、時期的なものです。

そういう時は、あまりジタバタしないのが“吉”だと思っています。

■10年ぐらい前に、ワタミ創業者である渡邉美樹さんのインタビューを聞いたことがあります。

今はブラックとかいろいろと言われていますが、佐川急便のバイトから、短期間であれだけのグループ企業を作ったのですから、そこは素直に凄いと思います。(だからこそ、ブラックと言われているのは残念です)

その渡邉美樹さんが、インタビューの中で今回の私と同じ質問を受けていました。

その時の渡邉美樹さんの答えは

「とにかく掃除をして店を綺麗にしました。
そうすると客足はまた戻りむしろ以前よりお客さんが来るようになりました。」

というような主旨の回答をしていました。

■売上が落ちると焦りますよね。

でも、一度冷静になって、その原因を分析してみましょう。

構造的なものなのであれば、しっかり対処しなければなりません。

時期的なものなのであれば、あまりジタバタせず、そんな時にしか出来ないことをしたら如何でしょうか?

例えば、渡邉美樹さんのように掃除をするとかサイトの情報の見直しや更新をするとか。

それが次の飛躍に結びつくのだと思います。

“高く飛ぶためには思いっきり低くかがむ必要があるのです。”

山中伸弥教授
(京大教授・ノーベル医学賞)

山浦 仁

山浦 仁 / ウェブラボ株式会社 代表取締役

大学卒業後、大手Web制作会社にてWebディレクターとして数多くの国内大手企業のプロジェクトに携わる。2004年にウェブラボを設立。2007年には中小企業向けのWeb制作ノウハウとCMS機能をパッケージにした「サイト職人CMS」を発表。現在は、中小企業だけでなく大手企業からの引き合いも多く、Webコンサルタントとしても活動中。上級ウェブ解析士。全日本SEO協会認定コンサルタント。

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

  • RSS
  • Twitter
pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

0120-546-384(東京本社) 0120-546-384(東京本社)

0120-546-218(大阪営業所) 0120-546-218(大阪営業所)

受付時間:平日10:00~18:00

今すぐ相談する