Web制作・ホームページ制作 HOME > 用語集 > 用語集(せ)

用語集(せ)

静的ページ

セグメンテーション

セッション数

セマンティックWeb

静的ページ

静的ページとは、サーバ上にあらかじめ存在し、そのままの形で表示されるWebページを指します。検索エンジン側では拡張子が「.html」や「.htm」のファイルが静的ページと読み取られます。対して動的ページはアクセスされる際にプログラムによって自動生成されるページを意味し、ASPやPHP、JSP、CGIなどによって作られています。静的ページは動的ページに比べて検索エンジンのロボットに検索されやすく、SEO対策に適していると言われます。

このページの先頭へ戻る

セグメンテーション

セグメンテーションとは、マーケティング用語で市場の細分化を意味します。マーケティングの結果を踏まえて、自社の事業に対するターゲットをセグメントし、競合他社よりも付加価値の高いサービスを提供することを目的としています。自社にふさわしいターゲットを発見し、顧客のニーズに合った価値を提供することで企業の信頼性やブランド価値、利益を高めることにつながります。また、インターネットでユーザーの趣味・趣向や年齢、性別、住所、職業などに基づいた広告を表示させる手法を「セグメンテーション広告」と呼び、SEO対策に用いられています。

このページの先頭へ戻る

セッション数

セッション数とは、Webサイトに訪問したユーザーの訪問数を指します。Webサイトを訪れたユーザがサイト内で行なう一連の行動をまとめて1セッションと呼び、同じユーザが短時間で何度ページ内をクリックしてもセッション数は「1」となります。セッション数はユーザが一旦サイトを離れても30分以内に戻ってきた場合は同一セッションとしてカウントされ、30分以上経ったのちにアクセスがあると新しいセッションとしてカウントされます。ユニークユーザ数との違いは、計測期間中の同一ユーザによる2回目以上の訪問をカウントしないユニークユーザー数であり、計測期間中の訪問数すべてをカウントするのがセッション数になります。

このページの先頭へ戻る

セマンティックWeb

セマンティックWebとはコンピュータが効率よく情報を収集・解釈できるよう、検索性能の向上や利便性を高めるWeb技術を意味します。インターネットをデータの集合から知識のデータベースへと進化させるために利用されています。現在のインターネットでは、Webページ内の情報が何を意味するのかをコンピュータが自動的にできる方法がほとんどありません。情報の検索や活用が単純なレベルに留まっている現状を打破すべく、セマンティックWebでは、情報を発信する際に「その情報が何を意味するか」を伝えるデータを付与します。具体的にはXMLによって記述した文書にRDFやOWLを用いてタグを付け加えるという方法を取ります。データの意味を記述したタグによってコンピュータによる自動的な情報の収集や分析へのアプローチが可能となると期待されています。

このページの先頭へ戻る

pagetop

CONTACT お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

Web制作・コンサルティング・システム開発に関するお問い合わせ・
お見積もり依頼は、電話・問い合わせフォームより受け付けております。

03-5366-3277(東京本社) 03-5366-3277(東京本社)

06-6123-7260(大阪営業所) 06-6123-7260(大阪営業所)

受付時間:平日9:30~18:30

今すぐ相談する