聞き上手は仕事上手!?

耳の画像仕事において、人の話を聞けるかどうかは、非常に大事なことです。
「神様は人間に一つの口と二つの耳を与えられた」という諺がありますが、恐らく上手く話をするということよりも大事なのではないかと思います。

そこで言う「聞く」は、ただ聞くのではなくて、「共感する」という意味が込められています。

聞いたことを、相手の立場に立って考えられるかどうか。

こういう私も、人の話を聞くのがとても苦手です。

妻や子供から「全然人の話を聞いてないでしょ」といつも怒られます。

そんな私が、打ち合わせの場などで意識していることがあります。

それは“聞く姿勢”と言いますか、“型”みたいなものです。

人の話を聞くのが苦手だと思う人は、まずこの“型”から入ると良いです。

・相槌をうつ  ← 超大事

・ノートを開きメモをとる準備をする
・腕組みをしない
・顔を触ったりしない
・ペンなどをいじらない

聞き上手な人は、相手を話す気にさせます。

会話も弾むし、だから、相手は一緒にいて楽しい。
担当者と仲良くなれるし、頼りになると思われます。
そして、結果的に仕事の遂行に必要な情報を沢山もらえます。

今この原稿を書いていて感じたのが、これは仕事だけでなく恋愛など、人と接するあらゆる場面でとても大事なことですね。

私はクライアントの前では、だいぶ聞けるようになったかなと思います。
しかし、家ではなかなか・・・(苦笑

まずは聞く“姿勢”“型”を意識しよう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。