期限の無い仕事は無い

20140224仕事には必ず期限があります。
依頼主から明確に「来週月曜日までに」といった形で、期限を繰りられる場合もあれば、そうでない場合もあります。

明確な期限が言われない場合、「それはいつまででも良いんだ」という風に勘違いする人がいます。

そうではありません。

忙しそうなあなたに気を使っているだけで、本当は早くやって欲しいのです。この人ならorこの会社なら、遅くなったり、放ったらかしにしたりしないだろう、という期待があるのです。

そういう時は、その日中や翌日にすぐにやるか、すぐにできないこちらから「○○までにやりますね。それで大丈夫ですか?」という風に、こちらから期限を言うようにしなければなりません。

そうすれば「あぁ、この人はやっぱり頼りになる」という風になります。

もし、その時に「それはいつまででも良いんだ」という風に勘違いしていつまでの先延ばしにすると、相手は

「どのタイミングで催促をしよう・・・」
「やっぱり期限を明確にしておけば良かった・・・」
といったストレスを抱えます。

「○○ってどうなっていますか?」

と言われたら、それはプロとしてとても恥ずかしいことです。

期限の無い仕事は、自分で期限を設けよう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。