クライアントからの指示の本当の意図

クライアントからの指示我々は日々、クライアント(Webサイト制作の依頼主)から、打ち合わせや電話・メールを通じて沢山の要望や依頼を受けています。
すぐに飲み込める内容もあれば、そうではないものも沢山あります。

例えば、コーポレートカラーが青で、上手くデザインがまとまってきたのに、突然

「オレンジにしたい」
と、言われたりすることもあります。

そんな時、ただただクライアントの言うことを伝書鳩のようにデザイナーに伝えてデザインを修正するなんていうことをしたら駄目です。

必ず、なぜそうしたいのか、その意図を聞かなければなりません。

本当に「オレンジにしたい」のではなくて、現状の青のデザインが寒く感じるだけなのかもしれません。

もしそうであれば、全体をオレンジ色にまとめ直す以外に、もっと良い解決方法を提示できるはずです。
もし提示できれば「この制作会社、さすがわかっている!」とクライアントは我々を信頼してくれます。

もし、伝書鳩のようにデザイナーに伝えて、そのままの作業をしてクライアントに提出して、やっぱりイマイチだった場合、どうなるでしょう!?

クライアントは「この制作会社はセンス無いなぁ」という風になり、社内の制作スタッフも「このクライアント腹立つなぁ」となっていきます。
制作進行が上手く行かなくなる時というのは、多くがこういったコミュニケーション不足が原因です。

違和感や無理のある要望が来たら、なぜそういう要望が来たのか、クライアントの気持ちになって考えてみましょう。

そうすると、案外、別の方法で簡単に解決できることがあります。
  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。