“ハート”で仕事をしよう

相手が動いてくれず悩んでいる君へ

自分だけで解決される仕事というのはほとんどありません。

ほとんどの場合に相手がいます。
そして、相手に何かしら動いて欲しい、依頼等が多いと思います。
その時に、同じ内容を伝えるにしても、いろんな伝え方があります。

ただ右から左に伝言するのではなく、どういう結果を出したいのか、相手にどう動いて欲しいのかをイメージして、そのメッセージに”気”を込めないと相手に響きません。

“気”を込めるというと、なんだか漫画やカンフー映画の世界みたいですが、伝えられる方の立場をイメージしたら、それがどれだけ重要なのか分かると思います。

恋愛だってそうですよね。

気持ちのこもっていない「好き」では相手は落とせない。
気持ちを込もった「好き」だから、グッときます。

どんな結果が欲しいのか、まずは自分の中での“決め”が必要。

絶対こうしたい!という決心です。
そして、必要な準備をする。
物理的な準備だけでなく心の準備も必要です。
そして、“気”を込めて相手にメッセージを送る。
私は、一流の人が持つ気迫やオーラみたいなものは、こういうところから出てくると思います。

もちろん、できるだけのことをやっても駄目な時はあります。

でもその時の“気”は相手に伝わっているので、後々、何らかの形で自分に戻ってくると思っています。

“ハート”で仕事をしよう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。