読み手を不快にさせない文章の書き方

読み手を不快にさせない文章の書き方

Webサイトの文章は多くの人の目に触れる機会がある以上、読み手を不快にさせないように気をつける必要があります。それがたとえごく少数であっても問題になりますから十分配慮しましょう。

読み手を不快にさせる用語とは、放送禁止用語、差別用語、不快用語などです。出版業界や報道関係ではこれらの用語を使わないことがすでに常識となっていますが、インターネットサイトの場合は個人のサイトや書き込みなども多いため、不快な表現が使われていることも少なくありません。少なくともサイト運営者やWeb制作を携わる人、企業のWebサイトなどはこれら用語を使わないようにするようにしましょう。

これら用語の一覧を紹介しているWebサイトは複数ありますし(「放送禁止用語」などで検索すると出てきます)、文章の書き方を解説する専門書などでも扱われています。一度目を通しておくと、普段間違って使っていた用語があれば気づくことができるでしょう。一部造語も含めれば新しいものがどんどんと増えていくので、インターネット上で気になる用語を見つけたときは確認してみることをオススメいたします。

ただ、これらの用語をあえて使わなければいけないような文章も中にはあります。先にあげた用語を紹介しているサイトなどはまさにそれで、この場合はサイトの意図や文章全体の意図を伝えるなどの補足説明を必ず入れ、配慮を忘れないようにしましょう。

  • このページを共有する