HTMLメルマガに動画を設置する方法【動画メール】

HTMLメルマガに動画を設置する方法【動画メール】メルマガの売上を伸ばしたい!
と言う方にぜひ試してみて欲しいのが、動画を埋め込んだメルマガです。最近でアパレルやPCメーカーなどBtoC向け企業がこの手のメルマガを配信していて、それなりに成果を上げている様子です。
なぜ動画埋め込みメルマガが流行し始めているのでしょうか。またその効果と配信方法とは。今回はこちらの話題についてご紹介します。

動画メールとは

そもそも「動画メール」とは、メールに動画を埋め込み、メールを開く、あるいはクリックした瞬間に「自動的に動画が再生される」HTML形式のメールのことです。
メルマガ内に動画のリンクを貼ったもの、あるいは動画そのものをファイルとして添付しているメルマガもありますが、今回ご紹介するのはこの埋め込み式のものとなります。
こういった埋め込み式の動画メールでは、動画を見たユーザーは、静止画や、テキストよりも製品やサービスのことを短時間で詳しく知ることができます。動画を見て「予習」した状態=関心が高まった状態でサイトに訪問するので、直帰率は低くなりますし、サイト滞在時間が長くなったり、購入率の向上につながったりする効果も見込めると言われています。
過去のメール動画に関する記事をひも解くと、メール動画を利用している担当者のうち、88%がメール動画に対して好意的な評価を与えているというものや、動画ありのメルマガと動画なしのメルマガではサイト流入率が2倍違うというデータもあります。加えて、動画によってユーザーに与えられた補助的な情報が、コンバージョン率の上昇にも影響を与えるという報告もあるようで、動画埋め込み式のメールのメリットは小さくないと考えられます。

動画埋め込みメールの作り方

まずメールの形式はテキストメールではなく、HTML形式のメールを作らないといけません。
加えてユーザーが使っているデバイスとメーラーサービスを考慮しないと動画がうまく再生されず、目的を達成できません。

設置方法は以下の4つ

▼VIDEOタグ+フル動画
メールの開封時に、MP4、MOVなどの動画ファイルをWEBサーバから読み込み、HTML5のVIDEOタグで表示させる方法です。
動画の画質はほかの方法と比べ最もよくなりますが、動画ファイルを置いておくサーバを用意するのと、対応メーラーが限られる点がネックです。

対応メーラー

Mac mail
Thunderbird
Outlook2011/2016(Mac版)
など

▼IMGタグ+GIFアニメ(読込型)

メール開封時に、GIFアニメーションファイルをWEBサーバから読み込み、動画を表示させる方式です。
添付ファイルの制限を受けず、また対応するメールソフトが比較的多いのが利点ですが、ウェブサーバが必要になるケースがあるのと、動画ファイルをGIFアニメ化しなくてはならない点がネックです。

対応メーラー

iPhone/iPad
Android
Gmail
など

▼IMGタグ+GIFアニメ(添付型)

GIFアニメーションファイルをメールに添付、メール内に埋め込んで表示させる方法です。
この方法はウェブサーバの設置が必要なく、ほとんどのメールソフトで表示できる点が大きなメリットです。
逆に、ファイルサイズをメールを受信する側の添付ファイルの制限容量に合わせて設定しなといけないため、基本的には低画質で短時間のGIFアニメしか送れません。

対応メーラー

ほぼすべて(HTMLメールを表示できるメールソフト)

▼埋め込み型動画メールサービスを利用

専用のサービスを利用する方法で、受信者側のメールソフトを自動判定し、最適な種類・画質の動画を自動再生するほか、動画ファイル⇒GIFアニメ化が自動的に行われるなどの多くのメリットがあります。ただ有料サービスなので予算と相談する必要があります。

対応メーラー

ほぼすべて(HTMLメールを表示できるメールソフト)

まとめ

以上、動画メールのメリットと、4つの表示方法を見てきました。表示方法については、対応メーラーを考慮するとIMGタグ+GIFアニメ(読込型or添付型)が現実的ではないでしょうか。有料サービスを使うのはいろいろと便利ではありますが、有料であるため費用だけがかさんでしまうケースも考えられます。
まずは費用の少ない方法で、自社のメルマガに動画を設置し、効果の違いを見てみるのはいかがでしょうか?
  • このページを共有する