Googleアナリティクスで検索キーワードがnot providedに

Googleアナリティクスで検索キーワードがnot providedに普段からサイトやバナーなどのアクセス状況を見るために、Googleアナリティクスをご利用中の方も多いかと思います。
そのデータにちょっと異変が起きているのって、ご存知でしたか?
2016年12月15日ごろからだと思いますが、Googleアナリティクス上のYahoo検索キーワードがほぼすべて、not providedになっています。

not providedの原因は?そもそもnot providedって何?

not providedはアナリティクスでは「検索ワードが不明」という意味になります。相当数いると思われるYahoo検索経由の人たちが、すべてnot providedとして記録されてしまうわけですから、たまったもんではありません。
これは早急に解決せねばならない事態だ、というわけで、まずはなぜ12月からこうなっちゃったのか、原因を究明すると…。
原因はYahooの通信のSSL暗号化通信だと言われています。これはいわゆる常時SSLというもので、送信中のデータを第三者にのぞき見されないために、送受信データをすべて暗号化するというもの。従来はメールやウォレット、ショッピングカートなどのサービスに限って暗号化通信されていたものが、ヤフーが提供するすべてのサービスまで対応範囲が広がったというワケです。
この常時SSL化によって「今後、Yahoo! JAPAN(HTTPS)から外部サイト(HTTP)にページ遷移する場合、原則、HTTP Referer(リファラ)は送出されなくなります。そのため、HTTP Refererを利用してYahoo! JAPANからサイトへの流入量を計測することはできなくなりますので、ご注意ください。」とヤフーでインフォメーションされている通り、リファラ情報の1つである「検索ワード」の情報が検出できず、アナリティクス上ではnot providedとして記録されてしまうことに。
参考:https://about.yahoo.co.jp/info/aossl/

じゃあヤフー検索経由の人には目をつむるしかないの?

実際のところ、not provided問題は完全に解決できません。
しかし状況を改善する方法がいくつかあります。そのうちの一つがGoogleサーチコンソールとの連携です。
ちなみにこの方法は厳密に言うと、ヤフー検索ではなく、google検索のキーワードなので、まあはっきり言うと代替措置なだけですけどね。

Googleサーチコンソールと連携しよう

まずGoogleサーチコンソールとはなんぞやというところから始めます。
Googleサーチコンソールはもともとウェブマスターツールと呼ばれていたGoogleが提供する機能の一つです。
主に、Googleの検索結果におけるサイトのパフォーマンスを監視したり、監理したりすることができます。通常はSEO対策などでよく使われる機能と覚えておくとよいかもしれません。

ではサーチコンソールを登録しましょう。

まずはGoogleアナリティクスにログイン。
画面左のレポートをクリック。
次に集客をクリックして、真ん中に出てくるSearch Consoleをクリック
そして検索クエリをクリック。
すると画面にサーチコンソールについて説明した一文が出てきます。画面の上のほうに、「Search Consoleのデータ共有を設定」というボタンも表示されるので、そちらをクリックしてください。
クリック後、プロパティの設定画面になります。
そこで「Search Consoleを調整」をクリックしましょう。

Search Consoleの設定画面になります。そこにある「編集」をクリック。

もしアナリティクスと同じアカウントでサーチコンソールのアカウントを保有していると、そのままサーチコンソールの画面に移動します。そこで自分の管理している(今回連携させたい)サイトを選びましょう。

こちらの設定後、再び検索クエリに戻り連携ができているか確認します。グラフの画面が出てきたら成功です。グラフにはレコードがありませんが、今登録したばかりなので当然データは蓄積されていませんから心配無用です。

しばらくしたら、データを確認してみましょう。

Search Consoleにログインし、検索トラフィック⇒検索アナリティクスを選択。
検索クエリ一覧が出てくるので、そこでキーワードを確認できます。
管理しているサイトで意図しているキーワードで検索されているか、思わぬワードが上位にランクされていないかなど、チェックします。

まとめ

今のところYahoo検索のデータが取れるようにはなっていませんので、Search Consoleなどを使いデータを集めていく方法が推奨されます。
  • このページを共有する