PCサイトよりもスマホサイトを検索順位決定に重要視する 「モバイル ファースト インデックス」導入をGoogleが正式発表

PCサイトよりもスマホサイトを検索順位決定に重要視する 「モバイル ファースト インデックス」導入をGoogleが正式発表Googleは2016年11月4日、「モバイルファーストインデックス(MFI:Mobile First Indexing)」を正式に発表しました。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

MFI=モバイルファーストインデックスは、Google検索の仕様変更のことです。

いままではPC版Googleの検索順位があくまで基本でした。つまりデスクトップ向けページの評価をもとにした検索結果が出ていたわけですけども、MFIに代わると、デスクトップ向けページではなく、スマホ(モバイル向け)サイトのページ評価がベースになり、検索結果が表示されるというわけです。
え?スマホサイト?そんなのないよ!
というケースなど、今回の仕様変更で注意しなくてはならないかもしれません。

MFIの影響とは?

モバイル専用のインデックスが今後Googleの主要なインデックスにすることが決定されると、スマホサイトの検索順位がPCの検索順位の基本となるので、そもそもスマホサイトがない場合、検索順位が大幅に下がる可能性がでてきます。
いままでは、デスクトップ向けのサイトでも、スマホでの表示に対応している場合はプラス点を与えて順位を上げ、していない場合はマイナス評価を下して順位を下げるという方式だったのですが、今回からはそうした評価基軸がなくなり、デスクトップ向けページとは切り離されてスマホページ自体がまず評価されます。
デスクトップからの検索も、スマホページの評価をベースとした検索結果が表示されるため、いままで上位表示されていたサイトが、1ページ目に登場しなくなる事態も起こりえます。
おそろしや。

仕様変更の経緯

2015年5月15日、Googleは公式ブログで次のようにコメントしています。

In fact, more Google searches take place on mobile devices than on computers in 10 countries including the US and Japan.

アメリカや日本を含む10か国ではすでにモバイルからの検索数が、パソコンからの検索数よりも多い。

つまり、GoogleはMFIにする理由は、検索する人がスマホやモバイルのほうが多いからという至極単純な発想からのようです。

モバイルのほうがニーズが多いから、じゃあモバイルサイトで検索結果決めましょうよ、ってことですね。

モバイルファーストインデックスの対策

先ほども言いましたが、検索結果の順位は大きく変わる可能性があります。Googleは「なるべく大きな差が出ないようにすることを目指している。」とコメントしてはいますが…。
SEOの観点から言えば、少なくともいままでPCページ用のノウハウは使えなくなり、新たにモバイルページ用のそれを考え出さなくてはならないことになりそうです。
社内にSEOチームを抱えていたり、外部のSEO会社に委託していたりしている場合、MFI実装後の対策をどうするか、十分に話し合っておく必要があるのではないでしょうか。

ちなみに、あなたのサイトが以下のケースに当てはまる場合、注意が必要です。

  1. モバイル向けのサイト自体がない
    対策:検索結果から消える心配はないものの、なるべく早めにモバイル向けサイトの作成を考える
  2. モバイルサイトのコンテンツがPCサイトとあまりに大きくかけ離れている
    対策:デスクトップ向けサイトと同様のコンテンツを提供できるようにしておく
  3. モバイルサイトはあるものの、PCサイトよりも順位が低い
    対策:モバイルサイトのSEO対策をする

気になる導入時期は?

モバイルファーストインデックスがいつリリースされるか、2017年1月10日現在、まだ正式な発表がありません。Googleはテストの結果次第でのリリースで、適切な時期に事前に発表するとのことです。

まとめ

今回の仕様変更によっては不明な点が多くあるため、どのような影響が出るかは未知数です。検索アルゴリズム自体が変わるわけではなさそうなので、今すぐ何かをしなければ検索結果から消えてしまうといったラディカルなものではありません。
まずはモバイル向けサイトの状態を確認し、必要ならば適宜対応するといった形で進めてみてはいかがでしょうか。
  • このページを共有する