WindowsXPサポート終了後の対策

140403

2014年4月9日をもって、WindowsXPサポートは完全に終了します。しかし、終了したからといってあくまでMicrosoft側の対応(ブラウザやアプリケーション上での、安全の確保や保証)がなくなるだけで、XPが使えなくなる訳ではありません。

では、使い続ける中で考えられるリスクとはどんなことが考えられるのでしょうか。それは、セキュリティソフトでは防ぐことができないことから生じるハッキング被害が一番大きなリスクであると考えられます。また、ハッキングによる情報漏洩が行われれば、企業単位ですと莫大な損失を受け、信頼も失うため経営は極めて困難なことになるといえます。

そうした、情報漏洩対策に備える有効な手段は、「Windows7」もしくは「Windows8」へ、OSを買い替えることが賢明といえます。

「Windows7」については、通常版よりも安価な「アップグレード版」もあります。しかし、通常のソフトウェアのアップグレードのように、Windows XPでの設定や環境等を引き継ぎ、プログラムだけを上書きするアップグレードができません。結局、通常版と同様にいったんバックアップをとってからクリーンインストールしなければなりませんので、その点は注意が必要です。

Windows XP環境にあるメールやマイドキュメントといったデータを、新しいOS環境にスムーズに移行するためには引越しソフトなどを使うと良いでしょう。また、企業の場合はPCの台数も多く、一台一台ソフトで対応すると金銭面や時間や労力もかかってしまうため、企業向けにデータ移行サービスを専門に行っている会社に問い合わせてみるとよいでしょう。ちなみにそうしたサービスを提供する会社の中でも、比較的安いとされる会社の場合、500台契約につき1台あたり4,000円で移行することが可能だそうです。

  • このページを共有する