メールアカウント設定時に出てくるポート番号25と587の使い分け

メールアカウント設定時に出てくるポート番号25と587の使い分け

メールアカウント設定時に出てくる『ポート番号』。これって何のことだかわかりますか?ポート番号とは?
ポート番号というのはIPアドレスの下にあるサブアドレスのことです。ポート番号はネットを利用するときに、複数の相手と同時に接続を行うために必要なものとなります。IPアドレスは、現実世界で言うところの住所ですが、ポートはアパートやマンションの部屋番号のようなものですね。

たとえば
東京都渋谷区渋谷○丁目-○○番地がIPアドレス
○○番地の後にくる○○号などの部屋番号がポート

0~65535のポート番号があり、メールでのやり取りをする際は25、あるいは587の番号が用いられます。要するにポート番号がないとインターネットでの通信がうまくいかない。シンプルに考えるとそういうことになります。

なぜポート番号が必要か

たとえばメールを送信する際に、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)という通信規約にのっとって通信を行う必要があります。その際必要なのがポート番号です。SMTPは、メールを作った人が送信ボタンを押す(メールサーバーに送信依頼をする)時、メールサーバーの間でメールを転送する時に使います。SMTPはプロトコルとも呼ばれます。

メール送信におけるポート番号25を使ったプロトコルは、古くから使われているもので、当時は利用者の認証や送信元のドメインチェックなど、今ではセキュリティの面で当然とされる機能が欠落していました。現在では何度か改定を経たのち、これらの機能も追加されています。

ポート番号25とは?

メールを送信する際にSMTPを使用するとさきほども言いましたが、SMTPサーバーにアクセスするために使用しているポート番号が『25』なんですね。しかし、25番ポートにはユーザーの認証機能がありません。ということは、SMTPの手順に従いさえすれば、だれでも認証なく簡単にメールが送れてしまいです。

一般的にはちょっと想像つかないケースですが、メールを送ろうとする人=送信者が、プロバイダを経由せずに、自分でサーバーを借りて、そこからメールを送ることができる。

これができるとどうなるかというと、外出先からメールを送る際にも、契約しているプロバイダの回線以外から、自分のアドレスのメールが送れるようになります。つまり、サーバー認証ナシでメールが送れるので便利ですが、悪用も可能というわけです。

要するに、迷惑メールの温床になっているのです。迷惑メール業者にはこうした仕組みを利用し、身元を隠したまま、悪さを続けていたんですね。スパムメールの温床が25番ポートを使って生まれていたのです。

STOP THE SPAM

ストップザ・スパムメール。
そこで生まれたのが、OP25B(Outbound Port25 Blocking)という考え方です。
これはどういうことかと言うと、プロバイダに接続しているネット利用者が、25番ポートを使用してメールを送信すると、その通信を遮断するプロバイダ側のブロック機能です。サーバーの25番ポートに接続しようとすると、「プロバイダ」によってその通信がストップさせられてしまうんですね。

OP25Bはスパムメール対策として、非常に効果がありました。しかし一方で、正しく利用しているユーザーにとっては弊害でしかありません。25番ポートへの接続を禁止するイコール、プロバイダのメールサーバーを使用してのメール送信ができないわけですから。つまり、いままでできていた外出先での契約プロバイダのアドレスを使ったメール送信も、エラーになってしまうのです。

みんなの救世主!587番ポート

ポート番号25を廃止するわけにもいかない、OP25Bを導入しても既存ユーザーへの弊害が強すぎる…といった背景から喫緊の対策が求められていました。そんな中登場したのが「587番ポート(サブミッションポート)」です。587番ポートはメールを送信する際に「SMTP-AUTH」という認証が必要になります。その際にユーザーIDやパスワードを要求するようになったため、それを知っている人間にしかプロバイダに接続した状態でのメール送信はできなくなりました。つまり、ユーザーIDもパスワードも持ち合わせていない迷惑メール会社は25番ポートのように容易に利用する事ができません。これで迷惑メール業者はごっそりと減りました。

まとめ

たとえば外出先から、自分が契約しているプロバイダのメールアドレスを利用してメールを送信する場合。

宛先ポート番号を25にしていると、OP25Bではじかれますが、宛先ポートを587にしておくとメールの送信が可能になります。自宅では宛先ポート番号が25のままでもメールが送れますが、外出先では587に変更しなくてはなりません。
外出先でも頻繁にメールを送信する方は、最初から587に設定しておけば面倒は起こりませんね。

  • このページを共有する