ビットコインを中小企業が受け入れるメリットとは

ビットコインを中小企業が受け入れるメリットとは

ビットコイン。この言葉を聞くとあの2014年に世間を騒がせた、Mt.Goxの経営破綻のニュースを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

当時は非常に話題となり、ニュースを見た人は少なからずビットコインに対してマイナスのイメージをお持ちのことでしょう。

しかし、近年フィンテックという言葉とともに注目を集めているビットコイン。私たちが抱いているビットコインへのマイナスイメージはどこまで事実と合っているのか、気になりますよね。

今回はそのビットコインを、中小企業という立場から客観的に見てみようと思います。

マウントゴックスの経営破綻はどこまで現状を反映しているのか。

ビットコインについて考えていく前に、まずは私たちのバイアスとなっているマウントゴックスのニュースを振り返ってみましょう。そもそもマウントゴックスとは、どういう会社なのかさえ知らなかった人も多いと思います。

マウントゴックスはあくまで「ユーザーのビットコインを預かっていた取引所」でした。
もちろんビットコインの取引所はほかにもありました。その中で経営破綻したマウントゴックスばかりが取り上げられましたが、あくまで「一取引所」だったのです。
つまり、ビットコインそのものに問題があったわけではなかったのです。

ビットコインとはいったい?

バイアスがほぐれたところで、ビットコインについてみていきましょう。
ビットコインとはいったい何なのか、何が特徴的なのか。あまりイメージを抱けない方も多いと思います。

ビットコインは、「仮想通貨」のことです。一般的に私たちが普段使っているお金と同じ通貨なのですが、目で見たり、触ったりすることはできません。

イメージがわかない人は、例えばオンラインゲームやネットショッピングをしているシーンを想像してみてください。オンラインゲームであれば、アイテムを購入するためにゲームの世界のコインを有料で購入する。ネットショッピングであれば購入するたびに1ポイント=1円の価値があるポイントが付与される。これらも形のない通貨、すなわち「仮想通貨」です。

では、ビットコインと先に挙げた仮想通貨の例とは何が違うのでしょうか。ここが重要です。
ビットコインは「企業が顧客の囲い込みをするために作った通貨」ではありません。
ビットコインは、「経済活動を円滑に進めるために作られた通貨」なのです。存在する理由が、他の仮想通貨を大きく異なります。

ビットコインの最大の特徴は「中央機関」がないことです。
私たちが普段使っている通貨はすべて政府や中央銀行が供給量を調整しています。つまり政府や中央銀行が、中央機関となり、価値を自在にコントロールすることができてしまうのです。

一方、ビットコインの供給量はあらかじめプログラミングされているため、誰も調整することはできません。つまり価値は一定であり、誰の手によっても価値を急激に変えられる心配がないのです。当然、預金口座を急に封鎖される、なんていうこともありません。

ビットコインは有望な決済システム

ズバリ、ビットコインは非常に有望な決済システムであるために、企業から注目が集まっているのです。

有望な決済システムだという一つ目の理由は、価値の不変性にあります。
先に述べたように、ビットコインは不正や破綻をする可能性が極めて0に近いといった特徴があります。企業としては当然、通貨の価値が急激に変化するようなことがあると、存続の危機となります。その可能性がないというだけでも魅力的だといえます。
しかし、まだまだビットコインには強みがあります。次にメリットを見ていきましょう。

ビットコイン導入で得られるメリット

手数料の抑制

ビットコイン導入で得られる最大のメリットは、手数料が安い、もしくは無料で済むという点でしょう。
ビットコインの移動には、仲介業者が必要ありません。直接取引相手とのやりとりができるのです。当然仲介業者がいなければ手数料はかかりません。

これまでの送金は銀行を通しておこなわれていたため、取引のたびに手数料がかかっていました。これは何度も取引を繰り返すような場合、意外と大きな負担となります。手数料が抑えられるだけで、中小企業にとっては大きなメリットです。

導入コストがほとんどかからない

企業への導入の際に必ず付きまとうのがコストの問題。何か新しいシステムを導入する際の費用は莫大です。

ビットコイン決済は、モバイル端末とインターネット回線が使える環境であればすぐに行うことができます。パソコン、タブレット、スマートフォンなど幅広く対応しているので、企業にとって導入が負担となることはほとんどありません。

チャージバックの心配がない

チャージバック、すなわち組み戻しの心配がありません。
クレジットカードなどではチャージバックのリスクがあるため、企業にとってはそれがそのまま導入のリスクとなるのです。確実に集金できるという点は企業にとって大きなメリットでしょう。

以上、ビットコイン導入を中小企業の目線から見てみました。
ビットコインのマイナスなイメージには、大きなバイアスがかかっていたことに気づいた方も多いのではないでしょうか。
これからのビットコインの普及に注目しましょう。

  • このページを共有する