注意!2016年1月からIEのサポートは最新版のみに?対策法は?

注意!2016年1月からIEのサポートは最新版のみに?対策法は?

あなたは、2014年8月にMicrosoftが古いInternet Explore(以下IE)のサポートを終了すると発表していたことを、ご存知でしたか?

古いIEのサポート自体は、2016年1月13日までがサポート対象の期日となっているので、最新のIEにアップグレードを呼びかけているのです。

古いIEとは?OSで変わるの?

Microsoftが古いIEのサポートを終了すると言っていますが、どのバージョンのIEが古いのか理解できていないと思います。実は、使用しているOSによって、古いIEに該当するかどうかが変わってくるのです。

下記の表を参考にしていただければ、サポートが終了する古いIEとサポートが継続される最新のIEを一覧でチェックできます。

2016年1月にサポートが終了した「古い」IE 2016年1月以降もサポートが続く最新版IE
Windows Vista IE7/IE8 IE9
Windows 7 IE8/IE9/IE10 IE11
Windows 8 IE10 なし。OS自体のサポートが終了するため
Windows 8.1 なし IE11
Windows 10 なし IE11(標準ブラウザーであるMicrosoft Edgeとは別に利用可能)
Windows Server 2008 IE7/IE8 IE9
Windows Server 2008 R2 IE8/IE9/IE10 IE11
Windows Server 2012 なし IE10
Windows Server 2012 R2 なし IE11

サポートが終わった「古い」IEと、サポートが続くIEの各バージョン

2016年1月でサポートが終わった製品は赤字で記している。「なし」となっているWindows OSではIEのバージョンアップができない、すなわち一種類のIEしか利用できないためで、今回のサポート終了の影響は受けない。
(引用 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1507/13/news025.html

IEサポートが終了!どのような危険があるの?初心者にも詳しく!

古いIEのサポートが終了してしまうと、結果的に私たちにどのような影響があるのでしょうか。インターネットで調べてみると、セキュリティ更新プログラム(セキュリティパッチ)の無償提供が終了すると記載されています。パソコン初心者だと、これがどのような影響に繋がるのか想像しづらいと思いますので、分かりやすく説明していきたいと思います。

まず、セキュリティ更新プログラムについてです。
セキュリティ更新プログラムとは、パソコンの安全を保つためのソフトウェアのことです。インターネットにはどうしても脆弱性(ぜいじゃくせい)というのが出てきます。脆弱性という言葉は、聞き慣れないので意味が分からない方もいるかもしれませんが、ソフトウェアの欠陥みたいなものです。

このようなソフトウェアのプログラムにおける欠陥のことを、「セキュリティホール」と呼ぶので覚えておくと良いですよ。このセキリティホールを修正するのが、セキュリティ更新プログラムなのです。セキュリティ更新プログラムは、セキュリティホールを改善して、あなたのパソコン内の安全を守ってくれます。このようにセキュリティホールが発見されたときに、修正してくれるプログラムのことを「セキュリティパッチ」と呼びます。

ちょっとした豆知識ですが、なぜセキュリティパッチと呼ぶかご存知でしょうか?
洋服に穴が開いた際に布を当てて穴を塞ぎますが、この布のことをパッチと呼びます。実はここから来ているのです。パソコンを勉強していくと“プログラムにパッチを当てる”などという文章を見ることがあるのですが、プログラムを修正しているのだなとイメージできるのではないかと思います。

ちなみにこのセキリティパッチですが、無償配布されていますので、しっかりと更新することをお勧めします。古いIEでは、セキュリティパッチの無償提供がなくなりますので、更新したくても更新できないのです。

ですから、もしセキュリティホールがあったとしても、セキュリティパッチがありませんので、セキュリティ上の脆弱性が放置されてしまうのです。セキュリティ上の脆弱性が放置されると言われても、いまいちピンとこないかもしれませんが、これは非常に大きな問題なのです。

セキュリティホールがあると、ウイルスに感染しやすくなるのです。安全なパソコンというのは、家の鍵がしっかりとかかった状態だとすると、セキュリティホールのあるパソコンというのは、家の鍵がかかっていない状態です。いつでも泥棒が侵入してくる可能性があり、大変危険な状態です。このようなパソコンを使用していると、ウイルスがパソコン内に簡単に侵入してきて、情報をぬき取られたり、大切なデータを壊されたりするのです。

脆弱性を防ぐためには?

パソコン内の脆弱性を防ぐためには、どうすれば良いかご存知でしょうか?パソコン初心者の方にお勧めする最も簡単な方法は、最新版のIEにアップグレードすることです。

「最新版IE」とインターネットで検索すると、検索上部にダウンロードページが出てきますので、説明に従って進めていけば、簡単にアップグレードを行うことができます。

しっかりと最新版のIEにしておくことで、パソコン内の安全は守られますので、面倒くさがらずに実践しておきましょう。

最新版のIEでも安全ではない!ゼロデイアタックとは?

最新版のIEにすることで、セキュリティホールの修正もされますし、安全と言えば安全なのですが、最後に、ゼロデイアタックという言葉についても知っておくと良いですよ。一見、横文字なので、難しい言葉なのかなと思うのですが、内容自体は非常に簡単です。

ソフトウェアにセキュリティホールが見つかった際に、本来であれば問題点を発見したMicrosoftが無償でセキュリティパッチを作り配布するのですが、そのセキュリティパッチが作られる前に脆弱性を利用して他人のパソコンに悪さをすることを言います。このような迷惑行為をする人間もいますので、最新版のIEにしたからといって、気をぬかないようにしましょう。

ゼロデイアタックについてですが、今のところ対策方法はないので、対策のしようがありません。日頃から変なサイトなど、怪しいなと思ったら絶対に見ないようにしましょう。そのような心がけが、あなたのパソコンの安全を守るのです。

  • このページを共有する