修正が反映されない?Webブラウザの機能「キャッシュ」とは

修正が反映されない?Webブラウザの機能「キャッシュ」とは

Webサイト制作を進めていくなかで、Web担当者が必ずと言ってよいほどひっかかってしまうトラップ(罠)があります。その名も「修正が反映されないトラップ」です。Web制作会社から修正完了の報告とともに受け取ったURLを開いても、修正点が残ったまま。おかしいなと思って制作会社に電話すると、こんな風に言われるのです。

「それ、キャッシュが残ってますね」

キャッシュとは、キャッシュメモリのこと。Webブラウザに搭載されている機能の一つです。キャッシュメモリは、ブラウザによって取得したデータを「一時的に」保存します。その保存期間内にアクセスがあった場合、ブラウザはWebサーバから再びデータをダウンロードするのではなく、保存しているキャッシュメモリからデータを読み込み、表示します。これが「修正が反映されないトラップ」の原因です。

結論からいえば、大抵の場合ブラウザのキャッシュクリア(=ページ更新)をすることで問題は解決します。しかしこのキャッシュ、一体何か分からないまま、「とりあえず更新」と思っている方が多いのも事実。今回はキャッシュの役割からキャッシュを残させない方法まで、キャッシュにまつわるあれこれを見ていきましょう。

キャッシュの役割

「そもそもなぜ、そんな機能があるんですか?」

先日、当社クライアント企業の担当者に聞かれました。そんな機能がある限り、こちらからの最新の情報がユーザーに届かないではないかと。

キャッシュは当然、制作者のジャマをするために作られた機能ではありません。ダウンロードしたデータを一時的に保存することで、少しでもユーザーが快適にWebサイトを閲覧できるようにしてくれているのです。もしキャッシュがなければ、私達はWebサイトのすべての情報について、アクセスするたびにイチからデータを読み込まなければなりません。さっき見たばかりのWebサイトも、毎日のように訪れるWebサイトもそうです。そうなると、Webサイトの表示速度がとても遅くなるばかりではなく、アクセスの度にサーバに負荷がかかるため、今よりも頻繁にサーバが落ちてしまう(Webサイトが表示できなくなってしまう)かもしれません。

キャッシュがあるからこそ、素早くWebサイトを表示することができ、快適な閲覧環境が手に入ります。キャッシュはユーザーに気持ちよくWebサイトを見てもらうための工夫なのです。

キャッシュが邪魔になるときは?

しかしWebサイト制作では、キャッシュが邪魔になることがしばしばあります。特に同じページを短期間に何度も修正する場合、キャッシュが保存した昔のデータを表示されては、それが修正されたのかどうか分かりません。修正内容を反映した最新のページを見るためには、再びサーバから情報を拾ってくるようにブラウザに指示する必要があります。

通常はブラウザの更新ボタンを押すことで解消されます。しかし、それでもダメな場合はキャッシュのクリアが必要になります。Internet Explorerでは、Ctrl+F5キーで、溜まったキャッシュを破棄することができます。ブラウザによって操作方法は異なりますが、どのブラウザもキャッシュクリアの機能を持っています。これにより、サーバから最新の情報を取得して表示させることができます。

キャッシュをさせたくないときは?

キャッシュはあくまでも短期間の保存機能です。時間が経てば、当然キャッシュは消えていきます。そのためほとんどのWebサイトでは、ユーザーのキャッシュを制御する方法は使いません。

それでもユーザーに常に最新の情報を届けたいなら、2つの方法があります。ページ内metaタグへの記述か、もしくは.htaccessと呼ばれるサーバ側の設定を記述することにより、ユーザーがキャッシュを残すことを禁じることができます。表示が遅くなっても構わないというのなら、それらの方法もアリかも知れません。

幾つかのブラウザを持っておこう

キャッシュはブラウザに紐付いて保存されるため、「異なるブラウザを使って見る」という方法もキャッシュクリアの一つです。キャッシュクリアはまれに上手くいかないことがあり、そんな時はブラウザを変えてみる方法があります。

また、Google Chromeには「シークレットモード」、Firefoxなら「プライベートブラウジングモード」と呼ばれるモードがあり、このモードを使うことでキャッシュを残さず/参照せずにWebサイトを閲覧することができます。この機会に様々なブラウザについて知り、選択肢として持っておくのも良いかもしれません。

  • このページを共有する