○○の秋です

こんにちは。デザイナーの縣です。
朝晩の涼しさに加え、日中の陽気もすっかり秋らしくなってきましたね。
季節の変わり目についていけず、さっそく風邪を長引かせてしまいました。
みなさまもどうぞお気をつけ下さい。

さて、昔から○○の秋とはよくいったもので

秋という季節は過ごしやすく動きやすい、なにかをするのに最適な季節ですね。
読書の秋、食欲の秋、ディ●ニーランドのハロウィーンももちろんはずせないのですが、
やはりデザイナーらしく『芸術の秋』といきたいと思います。
そこで、この秋に行こうと予定しているものをあげてみました。
■アネット・メサジェ展【聖と俗の使者たち】
http://www.mori.art.museum/contents/annette/index.html
会期:2008年8月9日(土)~2008年11月3日(月・祝)
会場:森美術館
—————————————————————————————————————–
フランスを代表する女性アーティスト、アネット・メサジェの日本初の大規模個展とのこと。
私はこの作家さんのことは名前も知らなかったのですが
特設サイトのトップ画像を見た瞬間に「行こう」と思っていました。
布や糸、ぬいぐるみ、写真などを用いた、無邪気だけれど毒のある世界。
男性よりは女性が好みそうな作風かも知れません。

■横浜トリエンナーレ2008

http://yokohamatriennale.jp/
会期:2008年9月13日(土)~11月30日(日)
会場:新港ピア、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、赤レンガ倉庫1号館ほか
—————————————————————————————————————–
3年に一度開かれるトリエンナーレが始まりました。(今回はちゃんと3年でしたね)
実はまだ行ったことがないのです…
せっかく東京に住み始めたことですし、2008こそ行ってみようと思います。
会場がわかれているので、自転車を借りて移動できるみたいですね。
秋晴れの中、のんびり巡りたいものです。

■蜷川実花展 地上の花、天上の色

http://www.operacity.jp/ag/exh99/
会期:2008年11月1日~12月28日
会場:東京オペラシティアートギャラリー
—————————————————————————————————————–
少し先になりますが、蜷川実花さんの写真展が開かれます。
この方の色づかいに、色の価値観を変えられてしまいました。
人生でもかなり大きな存在です。
色づかいは作家さんより、写真家さんから影響を受けることが多いです。
今回も期待しています。

と、個人的主観で3つほどご紹介しました。

風邪を引いている間に終わってしまったものもいくつかあって残念です。
違う県の美術館にも足を運びたいですね。青森県の寺山修司記念館は特に。
来年の3月には、国立博物館に奈良・興福寺の阿修羅像がやってきます。
何年か前に会いにいきましたが、とても素敵でした。惚れ惚れします。
「国宝 阿修羅展」今からすごく楽しみです。
  • このページを共有する