「クラウド」という言葉

数年前から、新しい概念として語られるようになった言葉に「クラウド」があります。

クラウドとは英語で雲のことですが、コンピュータによるネットワーク、特にインターネットでつながっているコンピュータ群を雲に象徴していることから呼ばれている名称です。

インターネットにつながっているコンピュータ上のデータを、様々な場所のコンピュータ、携帯端末などの種々の媒体からアクセスして利用できるようにしようとする試みです。最近発売された有名オフィスソフトがクラウド型サービスを本格的に導入するなど、このような“クラウド化”は看過できない時代の流れとなっています。

ただし、クラウドという名称こそ使われなかったものの、インターネットが普及し始めた頃から、ネット上の情報をいくつかの場所から読み書きするということは行われていました。

今更クラウドという言葉を用いるまでもないことであると言うこともできます。

いずれにしても、インターネットに常時接続されているスマートフォンなどの携帯端末の進化と普及も相まって、ホームページへのアクセスやサービスを様々な所で様々な端末で実現したいとする欲求は今後高まるばかり、新しいサービスも続々と登場しています。

私たちWeb制作・Webデザインに携わる者にとっては、「クラウド」という言葉の後ろに、制作したWebサイトが様々な場所・環境・端末からアクセスされることがあるということを強く意識しなければならないと思う今日この頃です。

  • このページを共有する