新しくなったGoogleアナリティクス「ユニバーサル アナリティクス」

140327

Googleアナリティクスがアップグレードされたユニバーサル アナリティクス。色々便利になりそうだけど、具体的に何が変わるかよくわからない、そんな方にその概要をご紹介します。

■これまでとの違い

これまでのGoogle アナリティクスとの大きな違いの1つは「アクセスの計測方法」です。

これまでは同じ人物が、「朝と晩の2回に分けてアクセス」した場合、それぞれが「別のアクセス」と認識されていました。

ユニバーサル アナリティクスでは、アクセスしたユーザーに対し、匿名化された トラッキングIDが与えらます。これにより、「朝来た人が晩にもう一回来た」と把握することができるようになったのです。

このトラッキングIDを利用することで、ユーザーがアプリやスマホといったモバイルやパソコンを横断的にアクセスした場合にも、一貫した計測が可能になります。

もう1つの大きな違いがソーシャルボタンの計測が簡単になったことです。数行のJSをトラッキングコードに追記するだけで、Twitterボタンのクリック数、ツイート数、Facebookのいいね!数、シェア数などの詳細な数値を計測することができます。

■移行の手順

このように便利になったユニバーサルアナリティクスですが、移行するにはどうすればいいのでしょうか。Googleアナリティクスをユニバーサル アナリティクスに移行するには、具体的には2つに段階に分けかれます。

まず、プロパティをユニバーサルアナリティクスに変えます。それが完了したら、ユニバーサル アナリティクスのタグに貼り替える必要があります。

気をつけたいのが一時的にデータが引き継げない恐れがあること。移行後しばらくは旧タグと新タグを一緒に組み込んでおくなどの注意が必要です。

  • このページを共有する