スマホ表示高速化!Googleが立ち上げたAMP。気になる検索順位への影響は!?

スマホ表示高速化!Googleが立ち上げたAMP。気になる検索順位への影響は!?

御社のwebサイトは、パソコンからのアクセスが多いですか?
スマートフォンからのアクセスが多いですか?

Googleアナリティクスでデバイス別のデータを見ると、すでにパソコンよりもスマートフォンからのアクセスの方が多いという企業も多いと思います。
実際、パソコンユーザーからのアクセスにだけ力を入れる時代は、終わりを迎えつつあります。そのため、パソコンとスマホ・タブレットなど、デバイス間のサイトを最適に表示するための「レスポンシブwebデザイン」は、web制作においてもはや必須の手法となっています。

Googleも当然それを知っていて、ある対策を取っています。

それは後程説明しますね。

レスポンシブwebデザインとは?

そもそもレスポンシブwebデザインとはなんなのか、カンタンに言うと、1つwebサイトを作れば、それがパソコンにも、スマートフォンにも使えるデザインのことです。

以前はパソコンサイト、モバイル用サイトと別々にデザインし、コーディングする必要がありました。レスポンシブ化してしまえば、開発の手間もコストも省け、しかもwebサイトの更新が1回で済む利点もあります。修正も同じく、1回で済みます。

従来はパソコンサイトを修正して、次にモバイルを修正する、といった流れで動いていたプロジェクトもより簡略化できる上、更新し忘れるなどの人為的なミスも減ります。
URLも一つで済むので、PC、モバイルと別々のURLを使う必要もなく、広告などプロモーションの運用コストや手間も省けます。

レスポンシブルデザインのデメリット

いいことずくめのレスポンシブwebデザインですが、一つ欠点があります。それはスマートフォンで表示したときの、読み込みの速度です。パソコンサイトのデータ量がベースになるため、スマホで表示させるとどうしても通信速度が遅くなってしまうのです。

スマートフォンでwebサイトを見たとき、ページの表示速度が異常に遅く、すべて表示されるのを待ちきれずに離脱…
という経験をみなさんしたことがあるのではないでしょうか?

運用の手間が省けても、ユーザーの使い勝手が悪くなっては元も子もありません。サイト運営者にとって、ページの表示速度は頭の痛い問題です。

そこで登場したのがAMP

レスポンシブwebデザインの欠点を補うために開発されたのが、AMP(Accelerated Mobile Pages)です。

googleとtwitterが協同し、スマートフォンの表示を高速化するAMP HTMLというフレームワークを作りました。

これをパートナー企業にオープンソースとして公表し、モバイル向けページを作ってもらうというプロジェクトです。

このAMP HTMLを使えば、サイトが超高速化してスマホの表示もよりスムーズに、というより今まで経験したことのないスピードでサイトを表示してくれます。

ちなみにAMPには、パートナー企業として、WordPress.comの他、New York Timesや朝日新聞などパブシリシャー、 Parse.lyやChartbeat、PinterestやLinkedInなどテクノロジー企業なども参加しています。

ニュースを配信している会社が多いのは気のせいなんかではありません。ニュースサイトがアプリにとってかわられてしまっている現状を嘆き、彼らはこのAMPに一発逆転を狙っているんですね。

人気のCMSである「WordPress」では、AMP対応プラグインを作成しているので、WordPressを使用すると手軽にAMP対応できるかもしれません。

ところで、なぜgoogleがタダでソースを公開し、AMPの普及を進めようとしているかといえば、webサイトのセキュア化と高速化を重要視しているからのようです。

AMPを使うとどうなる?

仕組みは、AMPを利用して作られたwebサイトがgoogleやtwitterにキャッシュされます。その後、これらが保存しているwebサイトのキャッシュ情報から、コンテンツを返すので、実質webサイトへアクセスせず(ブラウザがページを読み込む必要がなく)にすむため、サイトの表示が一瞬にして行えるようになります。

まとめ

AMPリリース前は、AMPページが検索結果に表示される時に、表示スピードが速いことを示すラベルがつき、AMPに対応したwebサイトは検索順位で有利になる可能性がある!とささやかれていました。しかし、少なくとも現時点では、GoogleはランキングシグナルとしてAMP対応を扱っていないようです。

御社のサイトは、レスポンシブwebデザインを取り入れていますか?

AMP対応が検索順位に影響を与えないとしても、ページ読み込み速度=webの高速化は、Googleが積極的に取り組んでいることです。Googleに好まれるモバイルフレンドリーなwebサイトにするためにも、スマホでの表示速度の問題には早めに対策を立てておいたほうが良いかもしれませんね。

  • このページを共有する