計測タグが複数あり、管理が猥雑なあなたへ。
タグを一元管理できるスグレモノ
googleタグマネージャーとyahooタグマネージャー

タグってなあに?

今日はタグ。そう、タグです。
服とかについてる値札、じゃないです。スイスの高級腕時計、タグホイヤーのことでもないです。

ネットの世界でタグというと、実はいくつか種類があります。
一つはhtmlタグです。
<>内に記述される特殊文字で、Webサイトを作るために必要なものです。

二つ目はコンバージョンタグです。
これはネット広告を打つ際に、ランディングページのURLに付け加える文字列のこと。何の広告から、どれくらい購入があったかを計測するためのものです。

三つ目はツールを使うためのタグ。
Googleアナリティクスやヒートマップなどの計測ツールを適切に運用するためのものです。今回紹介するタグマネージャーとは、二つ目と三つ目に関連します。

タグマネージャーが必要な理由

単純に言えば、タグが多すぎて管理がめんどくさくなるからです。そのめんどくささを解消するツールが、タグマネージャーです。

タグマネージャーが必要な理由

たとえばあなたが盆栽を直販するWebサイトを持っていたとします。その盆栽サイトには、あなたが販売している盆栽ラインナップだけでなく、複数ページにわたり、その育て方や、剪定の方法、季節の写真、会社概要、あなたのプロフィールなどが個別に紹介されています。

直販サイトは一つでも、リスティング広告、バナー広告、SNS広告、メルマガ、アフィリエイト、チラシ、新聞など、複数の販売ルートを持っていた場合、それぞれ個別のタグをつけておかないと、どこから売れたのかわかりませんよね。

タグの多くは、Webサイト内の全ページに設置しておく必要があります。全ページに何種類ものタグを設置することになりますので、各ページ、重複や抜け漏れがないようにタグが設置されているのか、などの確認・管理が大変です。だからこそ、タグマネージャーが必要なのです。

googleタグマネージャーとは

googleタグマネージャーは、タグを管理する機能だけじゃなく、実にいろんなことができます。

googleタグマネージャーとは

まず作ったタグが正常に動くかどうかをチェックできる機能があります。
またユーザー権限を自分以外の人にも与えられるので、広告代理店やそのほかウェブ担当者などに管理を任せられます。コンビニでいうと、全権を持つオーナーがいて、雇われ店長がお店を管理するみたいな状況を作れます。

またモバイルにも使えますし、アプリにも対応していて、バージョンアップのたびにコードを入れ替えるなんてめんどくさいことをしなくて済みます。さらに、タグのテンプレートもたくさん用意されてます。そのほかにも使い勝手バツグンの機能がもりだくさんです。

googleタグマネの特徴をもっと詳しく

これから説明することはちょっと高度になりますので、寝ないでくださいね 笑

「Googleタグマネージャ」では、リスティング広告用のテンプレートは以下の3つです。

  • 「Google AdWordsのコンバージョン計測タグ」
  • 「Google AdWordsのリマーケティングタグ」
  • 「Googleアナリティクスタグ」

Googleアナリティクスはディスプレイ広告をサポートした計測タグ、ユニバーサルアナリティクス(UA)にも対応したものが用意されています。

そのため、Googleアナリティクスを利用したリマーケティングや、Googleアナリティクスでインタレストカテゴリレポートを取得する場合も、タグマネ上の設定で実現が可能です。

こちらは管理画面です。

googleタグマネの特徴をもっと詳しく

yahooタグマネージャー

一方、yahooタグマネージャーも基本的な機能は同じです。

yahooタグマネージャー

さらに、複数タグを設置してもサイトの表示速度が落ちないように、よろしくやってくれる点が一つ、利点としてあります。
他にもコンバージョン測定タグ、リターゲティングタグ、第三者配信計測タグ、アクセス解析タグなど、主要な分析ツールやベンダーのタグを一元管理できます。その数なんと120。

他にもターゲティング機能に拡張性が担保されていて、ユーザーがページ内でどんな行動をして、どのようにコンバージョン、あるいは離脱していくのかなども追うことができます。Webサイト上のマーケティングをこれから充実させていこうとしている個人、企業にとっては心強い味方になりますね。

こちらは管理画面です。

yahooタグマネージャー管理画面

yahooタグマネの特徴をもっと詳しく

リスティング広告用のテンプレートは、Yahoo!プロモーション広告用では以下の通りです。

  • 「コンバージョン計測タグ」
  • 「YDNサイトリターゲティングタグ」

Google AdWords用では

  • 「コンバージョン計測タグ」
  • 「リマーケティングタグ」

そしてYahoo!アクセス解析、Googleアナリティクスも対応しています。

導入方法

Yahoo!タグマネージャーを導入するためには、Yahoo!プロモーション広告をご利用していただく必要があります。

Yahoo!プロモーション広告をご利用の広告主様は原則無料でYahoo!タグマネージャーを利用可能です。

詳しい導入方法についてはマーケティングソリューションヘルプをご覧ください。

  1. Yahoo!プロモーション広告 広告管理ツール
  2. 利用規約の同意
  3. Yahoo!タグマネージャーの利用開始

まとめ

端的に言うと、「Yahoo!タグマネージャー」の方が登録は簡単です。
ただし、動的に変数を受け渡すページやプログラムで吐き出すページ等、イレギュラーなものに対応したい場合、カスタム対応が「Googleタグマネージャ」よりも劣ります。こういった事態に対応したい方には 「Googleタグマネージャ」のほうをおすすめいたします

  • このページを共有する