InternetExprolerだけじゃない!ブラウザの種類

01

ネットユーザーが使用しているパソコンのブラウザは、Windowsであればマイクロソフト社の「InternetExproler」(IE)が主流を占めています。

しかしながら、現在はかつてのIE独占状態から、他社製のブラウザを利用するユーザーも増えてきています。特にパソコンを頻繁に利用するヘビーユーザーにおいては、自分に合ったツールを自身でよく調べて選ぶという傾向があるので、IE以外のブラウザを使っている傾向が少なくないようです。

Webサイトを運営していく上で、主要なブラウザの特性を知っておく必要があることはいうまでもありません。

そこで、以下に主だったブラウザとその特徴を紹介してみましょう。

■ Google Chrome

「Google」社が展開するブラウザで、ここ数年急速にシェアを伸ばしてきています。

■ Firefox

「Mozilla Foundation」社が開発したブラウザで、多機能性でセキュリティー面での信頼性が高いことから、ハイスペックなPCユーザーの利用が多いといわれています。

■ Safari

「Apple」社によるブラウザなので、必然的にMacユーザー専用のブラウザとなっています。

実は、ブラウザ毎にスタイルシートやJava Script等の解釈が異なっている部分があります。自社のWebサイトの表示が、Internet Exploreでは大丈夫だったのに、Google Chromeで閲覧したら、レイアウトが崩れていたということはよくあります。

また、同じブラウザでも、OSの種類やバージョンによっても異なることがあります。例えば、全く同じ設定、ブラウザにも関わらず、WindowsよりもMacの方が文字サイズが若干大きく表示されます。

  • このページを共有する