TLD(トップレベルドメイン)の種類

01

トップレベルドメインとは、ドットで区切られたドメインの最後の部分をいいます。

例えば、当社のドメインは、weblab.co.jp ですが、「.jp」の部分がそれにあたります。

TLDにはいくつもの種類があり、それぞれに作られた経緯や特性を持っています。Webサイトを制作する際には、Webサイトの所有者やテーマに最も合致しているTLDを選択する必要があります。

以下に、現在よく利用されているTLDを挙げて、その特徴を紹介しましょう。

「.com」 ・・・主に企業・法人用として最もよく目にする人気ドメインです。
「.net」 ・・・ネットワーク系のサイトやビジネスで人気のドメインです。
「.org」 ・・・NGOなどの企業以外の団体に使われおり、グループ単位で運営するサイト向けです。
「.jp」 ・・・「japan」すなわち「日本」を意味するドメインで、汎用性としては人気一番です。日本国内の居住者なら無条件で取得することができます。
「.co.jp」 ・・・「.co.jp」のうち「.co」は第2レベルドメインといいます。法人専用のドメインなので個人の取得はできません。一法人につき1つだけ取得することができます。

それぞれ1年単位の利用料金は「.com」「.net」「.org」が800円から6,000円、「.jp」が3,000円から10,000円で、「.co.jp」は5,000円から10,000円となっています。

その他にも、「.biz」や「.info」、最近では「.tokyo」といった様々なドメインがあります。「お名前.com」や「名づけてネット」などのドメイン登録サービスに、各種ドメインの種類と費用が記載されています。

  • このページを共有する