SEO対策として有効なコピペチェックツール

140627

コピペチェックツール例:剽窃チェッカー

インターネットの爆発的普及に伴って、ネット上にアップされた多様な情報を活用するユーザーも増加し続けており、必然的に検索サイトの利便性が高まってきています。

それにつれて、既存のサイトをコピペして重複コンテンツを作成し、ネットユーザーを誤誘導しようという悪質な行為が目立つようになってきています。特にインターネットを始めたばかりの初心者が騙されてウィルスに感染したり、金銭的被害をこうむるといった事件が続発しています。

しかし、海外を重要なマーケットとしている企業にとっては、Webサイトが自社商品の販路拡大のために必要不可欠なアイテムとなっています。

検索エンジンの最大手であるGoogleでは、ネットユーザーの利便性を阻害する重複コンテンツの対応策として、コピペチェックツールを用いて違法サイトを発見した場合は該当ページにペナルティを課しています。具体的には、ページをランキングの下位に置いたり、最悪の場合は非表示にする方策を実施しているのです。

自社のサイトを持つ企業においても、このような不法行為に対するSEO対策を講じておかねばなりません。重複サイトを発見するチェックツールを活用することはもちろん、該当ページの削除やmetaタグによるURL正規化タグを設定し対処する方法がベストでしょう。

本来はネット環境に詳しいスタッフを社内に配置することが理想ですが、困難な場合は信頼できる外部の制作会社を頼ることも考えねばならないでしょう。

  • このページを共有する