アクセシビリティの向上めざして広がる音声読み上げサービス

140214

ホームページに音声読み上げ機能を設置する自治体が増えてきています。
Googleで、「音声読み上げ機能 市」などと検索すると、音声読み上げ機能を設置している自治体のWebサイトがズラリと出てきます。

音声読み上げサービスとは、高齢者や障害を持っているために「視力の弱い」文字が見づらい」、または「文字を読むのが苦手」な方に対して、各種文字情報を音声でリアルタイムに伝えるものです。

■音声読み上げサービスが進んだ背景

音声読み上げ機能はウェブサイトのアクセシビリティを支援するサービスとして、自治体、公共団体、企業などで幅広く利用されています。
この背景には、特に公共性の高いサイトについて、高齢者や外国人、障害をもつ利用者に配慮するバリアフリー・アクセシビリティの向上が求められていることがあります。

既存のサイトに音声読み上げサービス機能を加えることにより、アクセシビリティが向上し、人にやさしいサイトが実現できるほか、サイトの表現力もアップします。
また、音声読み上げサービス機能を付けることで、より多くの人からのアクセスが期待できます。

■低コストなのも魅力

サービスの内容も様々で、特定の箇所だけ、或いはページ全体を読み上げるタイプがあります。
また、ふりがな(ルビ振り)機能、PDFファイル読み上げ機能、外国語音声読み上げ機能なども選択できます。
中にはバナーを貼るだけで、簡単に音声読み上げ機能を追加できるものもあります。この場合、専用ツールのダウンロードは不要で、既存のシステムをそのまま流用できるので導入にそれほどコストがかかりません。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。