機種依存文字の利用に注意

機種依存文字の利用に注意イメージ

Webサイトを閲覧していると、まれに文字化けを起こしているページを見つけることがあります。これは機種依存文字を使用しているケースがほとんどで、ネット上のテキストには適さない文字になります。

機種依存文字とは使用する機種(Windows、Macなどのパソコン、携帯電話、ゲーム機など)独自の文字であって、他の機種でそれらを表示すると、別の文字に変換されてしまいます。機種が違う、携帯電話間の絵文字のやり取りや、パソコンと携帯電話とのメールのやり取りで文字化けを経験している方も多いはず。これと同じような現象が、Webサイト上でも起こっているのです。

どうしても特殊記号を用いたい場合には、「文字参照」という方法があります。これはHTMLなどで直接記述できない特殊記号をそのまま表示させる方法で、利用機会が多いものとしては、著作権(copyright)の「©」や、登録商標(registered trade mark)の「®」、商標(trade mark)の「™」などがあります。文字参照の一覧は、関連するサイトや専門書などに記載されていますので、使用頻度の高いものだけでも覚えておくと良いでしょう。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。