他社と差がつく「WEBフォント」とは?

141120

「WEBフォント」例:TypeSquare

通常、HTMLで表示できるフォントは、「システムフォント」とも言われ、一般的なユーザーのパソコンのOSに既にインストールされているフォントでした。インストールされてないフォントをHTMLで指定すると、ギザギザとした見栄えの悪い文字が表示されます。

ですから、カッコいい、デザインされたフォントを使いたい場合は、画像にすることがほとんどです。

しかし、最近は「WEBフォント」を使用することで、今までは画像にしていたカッコいい、デザインされたフォントをHTMLで表示する企業が増えてきています。

「WEBフォント」を使用するときは、フォントデータをサーバー上に設置します。

Webフォントを使用することで、カッコいい、デザインされたフォントをでもギザギザに見栄えが悪く表示される欠点が解消され、Webサイト制作者は標準的なフォントしか使用できなかった不便利さから開放され、表示したいフォントを自由に選択できるようになったわけです。

「WEBフォント」を使用したい場合は、フォントデータを購入するか、借りてこなければなりません。

既にいくつかのサービスがありますが、開始されたばかりで、利用料金も安価ではなく、フォントの表記に一旦サーバーを経由するため、表示が若干遅くなるというマイナス面もあります。

しかしながら、ビジュアル面を重視したサイトにしたい場合には、標準のフォントに比べると格段に美しいフォントでサイトを作ることができるメリットは大きいといえます。もう少し手を出しやすい利用料金になれば、もっと普及が進むのではないでしょうか。

  • このページを共有する

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。