写真が命の飲食関係者必読!料理を美味しそうに撮る方法

140207

飲食関係のウェブマスターにとっては写真が命です。
でも、プロのカメラマンに依頼するとコストがかさんでしまいがち。
そんなことに悩んでいるウェブマスターに料理を美味しそうに撮影する小ワザをご紹介します。

■盛り付けは高く、遊びの空間を持たせる

まず、どんな風に盛り付けたらいいかを紹介しましょう。
素人でも簡単にできる盛り付け方としては、料理を高く盛ること。

お皿の真ん中が高くなるように盛り付けると、美味しそうで、雰囲気的にもセレブ感がただよってきます。逆に平面的にべちゃっと盛り付けると、あまり美味しそうに見えないので注意しましょう。また、欲張ってお皿いっぱいに盛り付けない事もポイント。雑誌に出ているような写真だと、お皿に空白の部分がたくさんあるのがよくわかります。

■見栄えをぐーんとUP

彩りにも注意が必要です。
彩鮮やかな食材を使っている料理なら問題ないのですが、茶色っぽい食材だけだったりすると余りパッとしません。そんな時には、パセリやハーブなどで飾ってあげましょう。見栄えがぐーんとよくなります。

■初心者でもOKな撮影ワザ

次は撮影です。
料理の全体像を見せたいから、お皿の端からはじまで全体が入るようにつろうと、印象がぼんやりとした感じになってしまいます。そんな時は、思い切って料理に近寄って美味しそうな部分をクローズアップするとプロっぽい出来栄えになります。お皿の端が切れていても、かえって見栄えがよく映ることもあります。

また、フラッシュはたかずに、自然光で、室内が少し暗い場合は、「高感度モード」を利用して撮影してみましょう。

  • このページを共有する