高級感を演出するWebデザインに共通する特徴

131031

サイト内で扱う内容によっては、高級感をただよわせるようなWebデザインを行うことで、サイト全体の雰囲気から価値を高める演出を行うことがあります。今回はそれらサイトの特徴をまとめてみましたので参考にしてみてください。

■文字の扱い

シャープな雰囲気を感じさせるフォントを使うことが多いです。色は協調させたい部分にポイント使いとしてゴールドやシルバーといったものを用います。1ページ内使われる文字量は多すぎないようにして、デザイン的なバランスから余白に余裕を持たせて、ゴチャゴチャした雰囲気にならないようにします。

■色の扱い

背景色や全体のイメージカラーとして、落ち着いた色合いを用いることが多いです。主なものとしては、黒や紺、濃茶、赤紫といったようなものです。色使いもシンプルなものが多く、全体的に統一感があります。

■素材の扱い

商品の写真などは、文字による説明が要らないような、高品質で鮮明なものが多いです。余計な飾りや背景などは使わないようにし、素材のクオリティーをアピールします。

これらサイトのWebデザインは、テーマとして扱うものが高級なもの、高級なイメージを与えたいものに多く見られます。例えば、ブランドのアクセサリー、化粧品、高級車、ハイクラスのホテル、高級飲食店、美術品を扱う場所(お店や美術館)などです。ターゲットとするユーザー層を考慮しつつ、デザインの雰囲気を決めていくと良いでしょう。

  • このページを共有する