Webサイトで使用できる画像形式の違い

01

Webサイト上にアップできる画像にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴を持っているので、Webサイトの内容に適した型式を選択する必要があります。

現在最もよく利用されているのが「jpeg」「png」「gif」という3つの画像形式に分類されます。以下にそれぞれの特性を記します。

■「jpeg」の特性

「Joint Photographic Experts Group」の頭文字をとったものが「jpeg」で、約1,677万色もの再現が可能なことから、主に写真画像を圧縮して表示する際によく使用されています。ファイル拡張子は「.jpeg」または「.jpg」となっています。

■「png」の特性

「Portable Network Graphics」の省略単語が「png」です。画像の輪郭と透過処理が美しく再現できる特長を持っており、画像上にアイコン画像をかぶせたい場合に適しています。新しい型式なため、IE6など古いブラウザーでは透過部分が適正に再現されない場合があるので、事前に要チェックです。ファイル拡張子は「.png」です。

■「.gif」の特性

「Graphics Interchange Format」の頭文字3文字で表記されるのが「gif」です。データ容量が少なく、再現色も最大256色なので、写真画像などには向いていません。サイト上の装飾や選択ボタンなどに色数が少ない画像に適した型式といえます。ファイル拡張子は「.gif」です。

  • このページを共有する