「404 Not Found」はカスタマイズできる!?

140905

Webサイトを閲覧していて最もよく見かけるエラーメッセージが、「404 Not Found」です。通称「ページがみつかりません」ページです。

この404ページは、デフォルトの表示だとテキストだけの味気ない表示になってしまいます。それをカスタマイズすることができるのをご存知でしょうか?

404ページとはいっても、通常のWebページとおなじ感覚で作ることができるので、デザインだけでなく、テキスト文言なども含めて、自由にカスタマイズが可能です。

デフォルトだと、ページが存在しない旨のメッセージしか表示されません。そのため、このページが表示されるとほとんどがWebサイトからの離脱につながってしまいます。しかし、「404 Not Found」に「TOPに戻る」ボタンや簡易的なサイトマップなどを表示することで、かなりの確率でWebサイトからの離脱を防ぐことできます。

自分のWebサイトと同じデザインで作るのもよい方法ですし、エラーのコメントも、ユーザーが思わず微笑んでしまうようなしゃれた表現であれば、サイトへの親近感が増すことは間違いありません。

企業のサイトにも素晴らしくカスタマイズされたエラーページがあり、それらを参考にしてみるのもよいでしょう。

ちなみに、有名デザイナーや漫画家などの個人Webサイトのエラーページは、さすがに画像をうまくレイアウトした面白い内容となっていますので、ぜひ一度閲覧してみてください。

  • このページを共有する